<価格変更につきまして>
コエラボのホームページ上の価格は
全て税抜き価格となっております。
お見積もり・お申し込みの際は、
ご確認の上、ご依頼をお願い致します。

土日も営業中

gourmet

キャンペーンのお知らせ
テープ起こしキャンペーン実施中!

・テープ起こしキャンペーン注意事項
※他のクーポンとの
併用はできません。
※ゆったり納期ではご利用頂けません。
※ボリュームディスカウントとは
  併用できません。

安心の後払い
格安高品質翻訳のヤクラボ。


ホーム >>お支払いについて
英語テープ起こしについて
英語起こしにも対応いたしております。
お気軽にご相談ください。
経験豊富なスタッフ
あらゆる英語アクセント(米国、英国、アジア圏など)に対応できる経験豊富なテープ起こしライターが行なっています。
政治・行政、医療関係、学術関連、IT関連など、幅広い分野に対応できます。
英語起こし・英日混合起こし
テープ起こしのコエラボでは英語で録音された音源のテープ起こし(文字起こし)も行っております。
時間・料金・納期の目安は、録音時間が60分である場合、「16,800円(税抜単価280円/分) 中3営業日」となります。
他社における同種のサービスと比較しても、スピーディーであんしんの低コストで弊社サービスをご利用いただけます。

英語テープ起こしは日本語のテープ起こしに比べ、起こし方の仕様が異なる部分があるので、ここでご説明させていただきます。

コエラボの英語テープ起こしには基本的に「素起こし」「ケバ取り」「整文」起こし方の違いはございません。
すべて一般的に「ケバ取り」として起こしております。
英語のテープ起こしの場合は「um」など本文には関係ない部分は省いて起こします。
また「要約」のサービスは日本語のテープ起こしのみの対応となっております。
不明瞭箇所は日本語も英語も同じように(####@00:00:00)で表記していますが、英語テープ起こしでは半角で記述しております。
こちらのタイムスタンプは納品後にお客様でも簡単に確認できるために記載しております。
テープ起こしではどうしても第三者が聞く場合と当事者が聞く場合では、同じ言葉でも異なって聞こえてしまうケースがあるため、弊社では簡単に振り返れるようにタイムスタンプサービスを使用しております。
コエラボで対応する案件の中には英語と日本語が混ざった英日混合音源をお客様からいただくケースがございます。
英語と日本語の混ざり方にも様々な種類があります。

①ステレオ録音で、左のイヤホンからは英語、右のイヤホンからは同時通訳された日本語が同時に左右から流れてくる場合
②ステレオ録音で、左のイヤホンからは英語、右のイヤホンからは通訳された日本語が順番に流れてくる場合
③モノラル録音で、英語話者と日本語話者が通訳を通して会話をしている場合。または②の状態がモノラルの場合

英語日本語混合起こしで難しいケースが①のケースです。
同時に日本語と英語が流れてくるため、時系順に原稿に起こすのが難しくなってしまいます。
この場合は左右の音源を別々のテープ起こしとして、英語のテープ起こしと日本語のテープ起こしを別々で起こすことになります。
英語テープ起こし、英日混合テープ起こしのご要望がある際にはまずは、お気軽にお見積りからご相談くださいませ。