<価格変更につきまして>
コエラボのホームページ上の価格は
全て税抜き価格となっております。
お見積もり・お申し込みの際は、
ご確認の上、ご依頼をお願い致します。

キャンペーンのお知らせ
11月のテープ起こしキャンペーン実施中! width=

・キャンペーン注意事項
※ほかのキャンペーン・クーポンとの
 
併用はできません。
※ゆったり納期ではご利用頂けません。

安心の後払い
格安高品質翻訳のヤクラボ。
ホーム >> コエラボブログ

コエラボブログ 1月20日号

2018/1/20

いつもご利用ありがとうございます。コエラボです!

寒い日が続きますが、日中は比較的穏やかな日が続いていますね。

そろそろお正月気分も抜け、通常モードに戻りつつあるのではないでしょうか。

年も明けて新たにテープ起こしを始めてみたいという方もいらっしゃると思います。
テープ起こしといえば、どのようなイメージが浮かぶでしょうか。
「在宅ワーク」「地道な作業」「根気強さが必要」「早送りや巻き戻しを何度も繰り返す」「起こすのに時間がかかる」などなど・・・。

書き起こしを仕事として携わっている方たちが実際どのようなやり方で業務を行っているのか、興味がありませんか。

まず、「全体像を把握し、聞き取りにくいところは飛ばしていく」という作業を行います。話し手が言いたいことは何か。要点は何なのかを意識しながら全体像を把握します。
そして箇条書きで「言いたいこと」や「要点」文字に起こしていきます。
これで話の全体像が見えてきました。次にやることは「細かく分けて聞いて、一文一文仕上げていく」ことです。

聞き取れないワードが出てきても、焦る必要はありません。話の前後の内容を把握していれば、聞き取れない言葉を推測することも可能になります。または音をクリアにするソフトなどをお持ちであれば、そういうものを利用するのも良いでしょう。ここだけちょっと「繰り返し聞く」といった忍耐力が必要になってきます。
こうした流れでテープ起こしを行っていけば効率よく納期に間に合う成果物としてクライアントに納品することができますね。
さらにスピードを上げたいということであれば、先ほど少し触れた「音をクリアにするソフトの利用」や「ブラインドタッチをマスターする」、「辞書や専門用語集を用意しておく」ことをお勧めしておきます。「辞書や専門用語集を用意しておく」というのは、収録音声のなかに専門用語が飛び交うインタビューや会議の起こしを担当するときに便利になります。
もちろん、インターネットで調べるということでも構いません。
こういったことをベースにして作業を行っていき、慣れてきたら細かいところは自分なりのやり方にアレンジして、レベルアップしていくことも可能になるでしょう。